セニョールラビットS601 納車への道 其の一

肌寒い季節になってきましたね、いかがお過ごしでしょうか。今年もきっとしばれる冬がやってくるんでしょうね・・・。

先日このダンス天国HPをリニューアルしまして、このコラムではまぁ色々と、おしょうさんやセックス先輩によるエグい話題も出てくるかとは思いますのでそちらはそちらで震えて待って頂くとして、まずはヘビー級酒池肉林前のウォーミングアップを兼ねて軽い連載を。

ことの発端は数ヶ月前、おしょうさん所有の60年代ラビットS601(こちらは近日GARALLEYに登場する予定ですが)に「冬に備えつつ、レトロ感バツグンの風防でもつけますか!」と、深夜に運び屋としてオークションで一撃落札した風防を小脇に抱え、夜な夜なおしょうさん宅へ行ったのが始まりでした。
それまでもちょくちょくおしょうさんのラビットを見てはいましたが、改めてこの時「じ〜〜〜〜」っと見て思ったんです、「これ、いる・・・な」と。

普段から無口な自分ですが、この夜を境に更なる沈黙の戦艦に乗り込みいざ大海原へ。
こりゃ〜長い航海になるな〜と思いきや、思いのほか、というよりは次の日の午後!には現場着。

過去に自分が乗っていたのはラビットのS301という型で、その際に色々とお世話になったI自動車さん。
実は自転車でも行けるご近所さんで、まずはじゃあお久しぶりのご挨拶も兼ねて行ってみようと。

自分「こんちわ〜」
Iさん「おっ、久しぶり〜」

チラッと見ると工場には3台ほどのS601が。

自分「じ、実はですね、601を探してるんです、いや〜探してるなんて言うともう買う気満々みたいなんでアレなんですが・・・でも、あったりします?」
Iさん「あ〜そう、でも今ここに出てるのは修理預かりの車両なんだよね〜。」
自分「で、ですよね、そんなに簡単には無いですよねまさか・・・えっ?いやいや、いきなり買うとかじゃなく、もしあったら今生の思い出にでも見てみたいな〜と・・・」
Iさん「601も最近は少なくなってきたよね、あ、でもこれなんかオススメだよ、S402だけど」
自分「グラッ、グラグラ〜!初めて見ましたねS402、しかも状態すごく良さそうな・・・150ccなんすか〜それまた軽快なんでしょうね〜良いっすね〜良いすねー!」
Iさん「○○万円でそれなりにするけどオススメだよ」
自分「う〜〜〜。」

S402の爽やかなボディーラインとカラーに心グラついた自分でしたが、S601のあのビッグなヒップを思い出し「いやいや、やっぱりS601や!」と心の中で口には出来ぬまさかの関西弁が・・・。

自分「じゃあまたちょくちょく寄りますね」と一服してからおいとましようと煙草に火をつけるけるやボソっとIさん。
Iさん「ぷか〜、ぷか〜、でもね、実はあるにはあるんだよS601」
自分「ぷか〜ぷか〜、ゲホッ!えっ?ホンマですか、いやいや、本当ですか?」
Iさん「コレなんだけどね〜ぷか〜ぷか〜ぷか〜」
rabbit601.3
自分「コレ・・・鉄ですね、板金待ちの、ん?あれ?ボディー?まさか601の???!!!」
Iさん「ぷか〜、そうだよ、乗り出し○○万円、安いっしょ」

乗り出しと言われても・・・バラバラやないですかーーーもとい、バラバラではないですかーーー!
rabbit601.5 rabbit601.6 rabbit601.7
Iさん「大丈夫だよ、パーツ全部あるしぃ〜任せなさい!久しぶりじゃーん!ダイジョウブダヨ」
自分「・・・」

と、これが約1ヶ月前の展開でまんまとIさんに任せた自分です。
そんな訳で次号へ続きます。

あ、そしてこれが本日2013年10月30日付けのラビットショットです。2013年とあえて強調させて頂いたのは、考えたくはありませんが納車が年を越す危険性も十分に考えられるので。現に作業は進んではいるようですが・・・進行速度がウサギというよりカメちゃんというか、もうすぐ真冬ですね。果たしてダンス天国GARALLEYへ無事にアップされる日が来るのでしょうか・・・。
rabbit601.1 rabbit601.4 rabbit601.2


2013-10-30 | Posted in COLUMNComments Closed 

GALLERY追加

楽器、オートバイ、車、レコード、雑貨に加え、急須、仏像、掛け軸、手鏡、ぼんち揚げなどなど、節操無く一方通行にアップされていく予定です。暇すぎる時でもご覧下さい。


2013-10-26 | Posted in NEWSNo Comments » 

1965 VW TYPE2

今は亡きタイプ2・・・コイツで遠征した都内近郊、京都、大阪、富山、etc…隙間風をガムテープで防ぎ、雨漏れをガムテープで防ぎ、車内の騒音が激しすぎて憧れのインカム使用CCB、ツアーから戻るや全身疲労で全治1週間・・・しかし思い出はフォーエバー、良いときも悪いときもあるじゃないかと楽しいドライブを共に出来ました。合掌。
<しゅん>
1965vw type2 IMG_3230 1965vw type2 1965VW TYPE2 1965vw type2


2013-10-26 | Posted in GALLERYComments Closed 

1960 GIBSON ES-125TDC

そしてこちらがメインギターの2本目ですね。えっ?またっ!?でもちょっと待って下さい、よ〜く見て下さい、色もアールも違いますね、そう別モンなんです!1960年製、125モデルでカッタウェイがあるファーストモデルですね、好き過ぎちゃって!

ギターの構え位置について何十年も悩み続けているのは前述の通りですが、今回別件でもう一つ悩みを聞いてもらっていいですか。
それは「カッタウェイ」について。カッタウェイモデルが出る以前は所謂「ノンカッタウェイ」と呼ばれるものですよね。そもそもがみんな「ノンカッタウェイ」であった所に彗星の如く「カッタウェイ」モデルが登場したのは想像で分かります。こりゃ〜弾きやすーって。そして、本来「ノンカッタウェイ」の形がなんと呼ばれていたのかは分かりませんが、「カッタウェイ」が出て来たばっかりに「ノンカッタウェイ」と「ノン!」を強要され、コレはつまりNoされている訳ですよね「お前、カッタウェイが無いやん!」と。しかしですよ、元祖「ノンカッタウェイ」の肩口と言いますか、本来あった部分を削ぎ落したモデルが「カッタウェイ」ですよね?それならば、何故に元祖が「ノン!」と呼ばれなければならないのか・・・百歩譲って「カッタウェイ」モデルの呼称はそれで良いですよ弾きやすいしカッコいい、でもだからって先人に対して「ノン!」呼ばわりする事は無いんじゃないかと思う訳ですよ。あれっ、自分頭オカシイですかね?いやいや、問題なのは自分のアタマではなく「ノン!」なんですよノン!しかし今さら次郎、自分にはどうしようもありません・・・だからせめてもの気持ちでこう呼ぶんです、ノンちゃん・・・ノンちゃーん!ノンちゃんは何も悪くない、ノンちゃんもイカしてるぜ!なんてこった、Oh No ノンちゃん!あれ?自分やっぱり頭オカシイですか?

今回は少ししゃべり過ぎましたね。
ただ、自分のギターに対する熱い想い、いや、ここまで読まれた方ならお察しの通り、異常な!想いが伝わればサンキューベイベー!キエ〜。

最後に、
自分、ノンちゃんモデルも含めてES125TDCモデルを通算12本買ってますねん!サンキューベイベー!
<おしょう>

Gibson 125 IMG_3629 IMG_3634 IMG_3628 IMG_3625 IMG_3620


2013-10-25 | Posted in GALLERYNo Comments » 

1963 GIBSON ES-125TDC

これは2本あるメインギターの内の1本、GIBSON 125TDC チェリーサンバースト 1963年製。海を越えてアメリカから自分のところへやって来たわけですわ、好き過ぎちゃって!ギブソンに関して1964年以降はギブソンでは無いと、本当につい最近まで思っていたけど、今はその考えを変えたいと思ってますね。それはそうと、未だにギターを構える位置に毎日悩んでます、誰にも相談出来ずに・・・。
<おしょう>

IMG_3619 IMG_3630 IMG_3631 IMG_3632 IMG_3633 IMG_3640


2013-10-25 | Posted in GALLERYNo Comments » 
1 / 212