1962 GIBSON ES-330TDC

あっれ〜!?こんにちは、ダンス天国のおしょうです。またですか。

今回は僕が所有するギターの中で1番高額なベリーナイスなGibsonですね〜1962年製ES-330TDCです。これはヤバいんです、何がヤバいかと言いますと自分でもよくわかりません!とにかくヤバいんですよ。高いんですよ〜ヤバいでしょう。この燃えるような赤いボディにピックアップがP-90、黒いプラスチックのピックアップカバー!ドッグイヤーと呼ばれてます、犬の耳!このギターを世間じゃダブルカッタウェイと・・・また呼ぶんかい!いい加減にしてほしい、もうカッタウェイの話はどうでもええよ。

何年前の事ですかね〜何気なく入ったお茶の水のヴィンテージギターショップにど〜んとど真ん中にぶら下がってたんですよ。やっぱりヤバいルックスとこのムード、使用感、塗装色ぬけ、クリアー部分やネックの裏の塗装のハゲ具合、ボロボロや!いやただのボロボロのギターやない!時々ギターを女性の体に例える人もいますが、何か違うよな〜実際セックスは出来ませんし。えっ・・・無理すれば・・・まぁこの話はええわ。とにかくかっこいい!かっこ良すぎる!もうアカン、欲しいとかやない、要る、わたくしこのギター要ります!何か動悸がして来た〜しっかし僕にローンが通る訳がない・・・。ちょっと落ち着こうと店を出たんやけどヤバい事になってる!ジェットボーイ!
実はこれ以前に全く同じ62年製ES-330TDCを持ってたのですが、フルオリジナルデッドストック状態でこのギターに対して小便をチビる程しびれてなかったから66年製のエピフォンカジノと交換して部屋に置いてあったんやな。だから、だーかーら、已むなくもう1度ES-330が要る。ゴーングバック330!要るんだからしょうがない、とにかくカジノを売って35万ほどキャッシュをゲット。お金はまだ全然足りてないけど、これ持って店員に話をつけたるぞ、とにかくあの店に行くしかない。ところが・・・ないんですよどこにも、ありませんそのギターES-330が!無いところに違うカッコ悪い新品のES-175がぶら下がってやがった!何で?何で無いの僕の330〜!涙を隠して店員に聞いてみると、まぁまぁ常連さんの委託のギターだったらしく、しばらく売れそうもないから一昨日引き上げたと・・・そして連絡先は教えられないと・・・そんなに僕が怪しく見えますか、そっか、ですよね〜この前のめり具合。でもそうなんや・・・何か寂しい、どうしょう・・・。

そんな傷心を紛らわすためにも、とにかくタケゾウ君(高円寺のミックジャガー)を誘ってフィリピンパブで飲んで落ち着こうと。その時のフィリピーナは僕に優しくしてくれた。ヤタティイノネ。タケゾウ君と2人、むちゃくちゃに飲んだ。そんでもう1件行こう、もうこんな金あったところであのギターは買えないんや。だから場所を変えてまたむちゃくちゃに飲んだ。その挙げ句「よう、タケゾウ君、さっきのフィリピンパブもう1回行ったら絶対受けるやろな〜」と。行こうぜ、同じフィリピンパブでまたむちゃくちゃに飲もうぜ、キエー!!!

とにかく飲んだ、色々かき集めたお金はギターに手が届いていた。しかし飲み代は10万円ほど、どうって事ないよ、ギターはもう買えないんや。タケゾウ君と別れてタクシーを使わず歩いて帰った。なぜかそうしたかった、エッチな事考えるかハーレーに乗って気をまぎらわすしかないねん〜。ハートブレイクのまま3、4日して、パソコンのヤフーオークション見てたら出てるやないですか!あの僕の62製Gibson ES-330TDC!出たな〜よっしゃ!もうこっちの物や!出てるやんけ。人おちょくるのもええ加減にせいよ、終了まで後2日か、委託の値段と同じ値段で出品されていますね。こないだタケゾウの野郎と吐くほど飲んだよな、10万ほど飲んだよきっと、確かに飲みました・・・あれ?足らへんがな!10万足らんがな!何してくれとんねんタケゾウ!何が高円寺のミックジャガーじゃ!キエー!

そうこうしてる内にオークションは滞りなく終了致しました、誰の入札も無く。またか・・・んっ?そういえばタケゾウ、ロシアンパブ行きたい言うてたの〜?キエー!

数日後。
ロシアンパブ?でもさ〜やっぱり、フィリピンパブのシャンプーちゃんに慰めてもらいに行こうぜタケゾウ君。君はエメロンちゃんと仲良くしときいや。ん?お金?あ〜もうええねん、あのギターまた僕から逃げて行きよってん。飲も飲も〜。

それから更に数日後、ぼんやりパソコンを見てると、なんや、デジマートで原宿のヴィンテージギターショップにまた出てるやないですか!え〜僕のGibsonES-330TDC!ハッキリあのギターです!間違いなく、しかもちょっと安くなってるー!もうすかさず電話するのさ僕は、山口富士夫ちゃんのようにその店で何本もギター買った事があったので電話口で「はい僕です、おしょうです、覚えてはるよね?覚えてたら一緒に言って、おしょうさんて!」こちらの異常な気迫に圧倒される店の親父に「明日必ずそのギター買いに行くから、もうそのギターは今すぐ、今すぐケースにしまえ!誰にも見せるなよ、わかったな!わかったなら一緒に言って、ケースにしまいます〜て」。

あ〜疲れた、思い出しただけやのにやっぱりこのギターはヤバすぎます。古いギターはいい音がするよ、何かそんな気がします。よし!明日もGibson見に行こう〜しゅんちゃんとGibsonのフルアコ見に行こう〜!好き過ぎちゃってー!

IMG_3855IMG_3854IMG_3853IMG_3852IMG_3849IMG_3856IMG_3850IMG_3851


2013-11-26 | Posted in GALLERYComments Closed