1960 GIBSON ES-125T

あ、こんばんは、ダンス天国のおしょうです。前回言ってたES-125Tノンカッタウェイモデル、これがノンちゃんです。1960年生まれの、分かりますかこのかっこ良さが!分からない?ええ、もう一度言うてくれるか一緒に、分かりません・・・ですよね〜。自分時々ケースから出そうとして、何かかっこ悪いちゃうんか!とケースをすぐ閉めてしまいますけどね。かっこいいかと言われると大きい声では言った事はないけど、1ピックアップやしね、ライブでは登場しません!じゃあ何で買うのかと言われたらやっぱりカッコいいからやなと・・・有名人で使ってるブルースマンもロックンローラーもノンカッタウェイ125Tだけは見た事がないな〜いや、そういえば、ジロキチ辺りのダサいブルースみたいな事やってた冴えん奴が持ってはりましたわ。この原始人みたいなギターは弾く相手を選びます。多分パチッと似合うヤツ、ん〜ライス林さんかな、そら僕もめちゃくちゃ似合ってますけど!あっ、ノンちゃん、またケース中でもうちょっと寝ててくれるか、悪いなほんますまんな、エルモアジェイムズちゃんと出来るようなったら呼びに行くわ。こないだまで全塗装に出してたハーレーダビッドソン上がって来てるのでひとっ走りギター見に行って来ます、ギブソン見に行こ。ギブソンのフルアコ〜!次回はついでにギブソンES-330TDC1962年モデルも紹介しておきましょう。
<おしょう>
IMG_3791IMG_3788IMG_3789IMG_3790IMG_3784IMG_3783IMG_3785


2013-11-13 | Posted in GALLERYComments Closed