セニョールラビットS601 納車への道 其の四

さ、寒いっ・・・そして、しかし、然るに、ん〜気候とテンションが逆行し過ぎて接続詞に迷いますが無情にも仕上がりは進んでいました!ひゃっほー。
あとは登録、試運転、微調整と本当にもうちょっと、どうやら無事に年内納車となるような気配です。
rabbit.1 rabbit.2
絶対に仕上がる頃は寒いと思ったんで、10月の段階で工場に転がっていた当時の風防(ズタボロ)の再生を無理言って頼んでおいたんです。
昨日寄った時にはバッチリ仕上がってまして、あと問題はコレなんですよね〜と・・・。
rabbit.3
コレは風防の「タレ」と言うんでしょうか、風防の下部につく代物ですが無惨な姿です。でもレトロ感出す為にもコレは是非再生したい!
なので新宿のオカダヤに出向き物色、するとどうやらターポリンという生地が近いような素材でした。しかしターポリン・・・なんかノータリンのようで小馬鹿にされたようなネーミングですが師走のこの時期、そんな些細な事に構ってる暇はありませんので即購入。早速帰宅するや裁縫上手と思われる家人に「コレでコレを作りたいんだけど縫って!」と差し出すと「師走のこの忙しい時期に・・・しかもコレなんなのぉ〜汚っ!意味わかんな〜い、こんなもの家に持ち込まないで!」で、ですよねー。

とりあえず次回あたりで完結です、失礼しました。


2013-12-17 | Posted in COLUMNComments Closed 

2013.11.1 ROCK STAR Vol.17 photo by Momoko

昨夜は新宿スモーキンブギ、どうもありがとうございました〜。大勢の方の誕生日、クリスマス、忘年会、正月が一気に押し寄せて来たような・・・お大騒ぎな夜でした・・・!!!

アーティストのモモコさんから写真を頂きました、ありがとうございます〜おしょうさんのビンテージハーレーキャプテンハットかっちょいいっすね〜。
IMG_6926IMG_6956IMG_6992IMG_7162IMG_6673

最近ライブでやっている新曲で、通称「マカロニ」という戦慄のインストがあるんですが、おしょうさんが曲を持ち込んでスタジオでやりだした当初は「ハウリンウルフみたいな感じでかっこええやろ〜」とやってたつもりがいつの間にか「マ、マ、マ、マカロニーーーキェーーー!!!」・・・これがいわゆるバンドの化学反応と言うんでしょうか、西部の荒野を丸腰で放浪するような不安を煽りまくる曲に仕上がりつつあります・・・イメージ参考までにレジェンドドラマーのElvin Jonesもこんな感じでオカシイ事になってます、来年もザ☆ダンス天国のライブ、宜しくお願いします!


2013-12-15 | Posted in COLUMNComments Closed 

セニョールラビットS601 納車への道 其の三

度々すいません。
も、も、も、もう少しです!
我慢出来ず、オークションで当てずっぽうなラビットパーツ集め始めました。
そしておしょうさんから頂いた渋すぎる旗・・・時速30kmで折れそうです(笑)!儚い末路を辿るとしても、はっきり言って装着したいです!
IMG_3859

IMG_3888IMG_3867IMG_3866IMG_3864

そしてそして、来週12/14(土)のザ☆ダンス天国Liveはコチラに出演です、宜しくお願いします!!!
スキャン


2013-12-06 | Posted in COLUMNComments Closed 

セニョールラビットS601 納車への道 其の二

着々と寒くなってますね〜厳しいー!

ボキ(ゲッツ板谷先生書より引用)のラビットS601ですが、順調に作業は進んでます!
ボキは嬉しい!

塗装は完了、椅子の張り替えも依頼、エンジンも組み上がり、あと残すは難関の配線〜組み上げですね。
難関と言いましてもI自動車さんに全てお任せなのでボキはただただ待つのみ、I’m waiting for my manです。

ボディー色は当時輸出用?だったゴールドとアイボリーの2トーンをイメージ、現物を見た事が無いので資料をグリグリ観察してはI自動車ゴッドファーザーにイメージを伝えてどうにか完成!なんかイメージ通りでボキは感動です。
IMG_3818IMG_3814IMG_3821IMG_3822IMG_3815IMG_3817$(KGrHqV,!qUFF8jI)(5fBRiWI5zWbQ~~60_57232411898_fc444ec394_o
そしてひとつ悩みどころだったのがこのプラスチック製の各カバー。
IMG_3816IMG_3820
燃料タンクカバーとメーターパネルのカバーがプラスチックなんですが、それを塗装するかしないかで三日三晩眠れずに悩んだボキ。
このパーツはプラスチックだけに経年変化で状態の良いものがホントに無いらしく、ボキのラビットにはかなり状態が良いものをゴソゴソ選んでくれたというゴッドファーザー。
でも、そんなゴッドファーザーの配慮にボキは「やっぱり他がピカピカだから、この際プラスチックパーツも塗っちゃって下さい!」それを聞いた時のゴッドファーザーの悲しげな顔と声「塗っちゃうの・・・そう、塗っちゃうの・・・そうですか・・・コレ当時の純正でホント良い状態なんだ・・・でも塗っちゃうの・・・お客さんが言うならそりゃ塗りますよいくらでも・・・でも・・・可哀想に・・・」可哀想って、えーーー!
その日からさらに三日三晩眠れずに悩んだボキは電話を手に「ファーザー、例のパーツですが、か、か、可哀想だから塗らずにいきましょう・・・でもファーザー、可哀想というか、可愛いんですよねファーザーはあのプラスチックが、優しいんですねファーザーは・・・」
まぁでもよく考えれば古いものを好きで乗るわけですし、全体の統一感は犠牲になるかもしれませんがその当時の面影を少しでも感じられる部分が残るのも悪くないな〜と。幸いこの部分のパーツはリプロもあるし、どうしようもなくなったらその時は土下座して塗ってもらっても良いわけで。そんなに焦りなさんなということですね〜完成楽しみに待ちますファーザー!

そんなラビットも60年代ですが、昨晩は同じく60年代からロックしまくっているサー、ポールマッカートニーのライブへ。ビートルズナンバーは勿論、ウィングスナンバーも織り交ぜたセットリストに感泣したボキ。あ〜MAYBE I’M AMAZED!
ドラマーでいえばリンゴもジョー・イングリッシュも最高ですが、エイブラハム・ラボリエル・ジュニアも最高ですね!名前が難しい!ドラムは勿論、歌も凄く良いし、歌いながら叩いてる様がカッコいいんですよね〜曲によってはドラムを離れてポールの横で歌ったりして!本当人柄も含めて(会った事ありませんが!)ゴキゲンな感じがしますよね。
そういえばジミヘンに捧ぐナンバーがありましたが、ジミヘンとポールがバンドを組もうとしてたっていうのは本当なんですかね?凄すぎて想像も出来ません・・・。
というわけで、素晴らしいライブをありがとうポール&ヒズバンド!サンキューロックンロールミュージック!
IMG_3835IMG_3832


2013-11-22 | Posted in COLUMNComments Closed 

セニョールラビットS601 納車への道 其の一

肌寒い季節になってきましたね、いかがお過ごしでしょうか。今年もきっとしばれる冬がやってくるんでしょうね・・・。

先日このダンス天国HPをリニューアルしまして、このコラムではまぁ色々と、おしょうさんやセックス先輩によるエグい話題も出てくるかとは思いますのでそちらはそちらで震えて待って頂くとして、まずはヘビー級酒池肉林前のウォーミングアップを兼ねて軽い連載を。

ことの発端は数ヶ月前、おしょうさん所有の60年代ラビットS601(こちらは近日GARALLEYに登場する予定ですが)に「冬に備えつつ、レトロ感バツグンの風防でもつけますか!」と、深夜に運び屋としてオークションで一撃落札した風防を小脇に抱え、夜な夜なおしょうさん宅へ行ったのが始まりでした。
それまでもちょくちょくおしょうさんのラビットを見てはいましたが、改めてこの時「じ〜〜〜〜」っと見て思ったんです、「これ、いる・・・な」と。

普段から無口な自分ですが、この夜を境に更なる沈黙の戦艦に乗り込みいざ大海原へ。
こりゃ〜長い航海になるな〜と思いきや、思いのほか、というよりは次の日の午後!には現場着。

過去に自分が乗っていたのはラビットのS301という型で、その際に色々とお世話になったI自動車さん。
実は自転車でも行けるご近所さんで、まずはじゃあお久しぶりのご挨拶も兼ねて行ってみようと。

自分「こんちわ〜」
Iさん「おっ、久しぶり〜」

チラッと見ると工場には3台ほどのS601が。

自分「じ、実はですね、601を探してるんです、いや〜探してるなんて言うともう買う気満々みたいなんでアレなんですが・・・でも、あったりします?」
Iさん「あ〜そう、でも今ここに出てるのは修理預かりの車両なんだよね〜。」
自分「で、ですよね、そんなに簡単には無いですよねまさか・・・えっ?いやいや、いきなり買うとかじゃなく、もしあったら今生の思い出にでも見てみたいな〜と・・・」
Iさん「601も最近は少なくなってきたよね、あ、でもこれなんかオススメだよ、S402だけど」
自分「グラッ、グラグラ〜!初めて見ましたねS402、しかも状態すごく良さそうな・・・150ccなんすか〜それまた軽快なんでしょうね〜良いっすね〜良いすねー!」
Iさん「○○万円でそれなりにするけどオススメだよ」
自分「う〜〜〜。」

S402の爽やかなボディーラインとカラーに心グラついた自分でしたが、S601のあのビッグなヒップを思い出し「いやいや、やっぱりS601や!」と心の中で口には出来ぬまさかの関西弁が・・・。

自分「じゃあまたちょくちょく寄りますね」と一服してからおいとましようと煙草に火をつけるけるやボソっとIさん。
Iさん「ぷか〜、ぷか〜、でもね、実はあるにはあるんだよS601」
自分「ぷか〜ぷか〜、ゲホッ!えっ?ホンマですか、いやいや、本当ですか?」
Iさん「コレなんだけどね〜ぷか〜ぷか〜ぷか〜」
rabbit601.3
自分「コレ・・・鉄ですね、板金待ちの、ん?あれ?ボディー?まさか601の???!!!」
Iさん「ぷか〜、そうだよ、乗り出し○○万円、安いっしょ」

乗り出しと言われても・・・バラバラやないですかーーーもとい、バラバラではないですかーーー!
rabbit601.5 rabbit601.6 rabbit601.7
Iさん「大丈夫だよ、パーツ全部あるしぃ〜任せなさい!久しぶりじゃーん!ダイジョウブダヨ」
自分「・・・」

と、これが約1ヶ月前の展開でまんまとIさんに任せた自分です。
そんな訳で次号へ続きます。

あ、そしてこれが本日2013年10月30日付けのラビットショットです。2013年とあえて強調させて頂いたのは、考えたくはありませんが納車が年を越す危険性も十分に考えられるので。現に作業は進んではいるようですが・・・進行速度がウサギというよりカメちゃんというか、もうすぐ真冬ですね。果たしてダンス天国GARALLEYへ無事にアップされる日が来るのでしょうか・・・。
rabbit601.1 rabbit601.4 rabbit601.2


2013-10-30 | Posted in COLUMNComments Closed 
3 / 41234