ベガリアの効果をより有効的に得るための服用方法とは?

3ベガリアの効果をより有効的に得るための服用方法とは?

べガリアがペニス増大・精力増強に効果絶大なのは、いまや多くの方がご存知でしょう。
ところで、ベガリアの効果をより有効的に得るための服用方法というのはあるのでしょうか。

もしそういう方法があれば、ぜひ試してみたいという人は多いはずです。

ここでは、べガリアを効果的に服用するための方法について見ていくことにします。

【摂取するタイミングによって効果に差がある?】

ベガリアの服用は1日に4粒ぐらいを目安に飲めば、基本的にはどのタイミングで摂取しても問題ないことになっています。
ですから、それぞれのライフスタイルに合わせて、摂取しやすいタイミングで自由に服用すればいいのですが、実は飲み方によってべガリアの効果に差があります。

べガリアはサプリメントですから、医薬品のように飲む時間などが厳格に決められていません。
そのため、いつ飲んでも決められた量さえ守って飲めば効果に差はないはずと、多くの方が考えているようです。
ほとんどのサプリメントでは、そのように考えて差し支えありません。

しかし、べガリアはペニス増大を目的としたサプリメントです。
ペニス増大のためには、増大のための有効成分が常に体内に一定量あることが必須となります。
つまり、1日の中で成分が切れる時間帯があると、思ったような効果が出ないのです。

たとえば、べガリアを毎朝4粒飲んだとします。
そうすると、その日の夕方くらいまでは有効成分が体内にあるでしょうけど、夜になると有効成分が少なくなって、夜中にはほとんどない状態になってしまいます。

これではペニス増大効果が半減してしまうのです。
こうならないためには、4粒のべガリアを朝昼晩と寝る前に飲むのがベストです。
この飲み方だと、1日のうちどの時間帯もべガリアの有効成分が体内にある状態になります。

この状態を保ちながら継続して服用することが、ペニス増大につながるのです。
べガリアの主成分であるL-シトルリンとL-アルギニンは、食事をしてから2~3時間後に飲むのが、もっとも効率よく吸収されるといわれています。
ということは、朝昼晩といってもそれぞれ朝食、昼食、夕食を食べてから2~3時間後に飲むとさらによいことがわかります。

【寝ている間も成分が効く】

人は寝ている間はほとんど動きませんから、寝る前に飲んでもあまり効果はないのでは?

と考える方もいるかもしれません。
しかし、そうではないのです。

実は寝ている間も、べガリアの成分は別の意味で重要な働きをしているのです。
人体の成長ホルモンは、午後10時から午前2時くらいの間に活発に分泌されるといいます。
べガリアの有効成分には、成長ホルモンの分泌を促進する作用があります。

この成長ホルモンには、男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌を促す働きがあるので、ペニス増大と精力増強にとってとても重要なのです。
この成長ホルモンの分泌がちょうど寝ている時間なので、就寝前にべガリアを1粒飲むのは非常に重要ということになります。

【テストステロンの重要性】

男性ホルモンの一種であるテストステロンは、骨格や毛の濃さ、筋肉のつき具合など、男性らしい体型を維持するのに必要なホルモンです。
いわゆる男らしさを作り出すのがテストステロンなのです。
そのため、テストステロンが不足すると、あまり男らしさを感じなくなってしまいます。

そのような状態になれば、当然ながらペニス増大や精力増強なども影をひそめてしまうでしょう。
つまり、テストステロンをうまく分泌させないと、いくらべガリアを飲んでも、ペニス増大効果と精力増強効果は半減してしまうのです。

また、テストステロンは精子を作るのにも重大な関わりがあります。
テストステロンの分泌が少ないと精子の数も減ってしまいますが、これは精力増強にも重大な影響を及ぼします。
テストステロンがたくさん分泌されると精子の数も増えます。

すると、精子を溶かしこむ精液も増やされることになります。
精液の生産量は、精子の数の増減に合わせて増えたり減ったりします。
精子の数が少なければ精液もそれほど必要としないので、精液の生産量は減っていきます。
反対に、精子が増えれば精液も増えるのです。

精液が増えれば、精液を溜める精嚢の容量にも限界があるため、体外に排出する必要があります。
これが射精です。
射精するにはエネルギーが必要で、これが精力なのですが、人体はうまくできているもので、射精が必要な状況(精子が多く精液も多い)なら、それを体外に出すためのエネルギー(精力)も同時に確保されるのです。

つまり、精子の数が増えれば自動的に精力も増強されるというわけです。
だから、成長ホルモンが増えることが、結果的に精力増強につながるのです。

【成長ホルモンとペニス増大の関係】

成長ホルモンは、人体のあらゆる部分を成長させるのに必要なホルモンです。
成長ホルモンというと、高校生くらいの年代の体の成長に必要なホルモンで、大人になったらいらないものと勘違いしている人もいるかもしれません。

しかし、それは間違っています。

成長ホルモンは、大人になっても必要なホルモンなのです。
そして、成長ホルモンはペニスの成長にも深く関係しています。
成長ホルモンの分泌が活性化すれば、ペニスも増大しやすくなります。

こういうことがわかっていないのに、べガリアだけ飲んでもペニス増大効果はなかなか出てきません。
ペニス増大のための体のメカニズムを理解して、べガリアの有効成分が最大限に効力を発揮する環境を作ってあげてから、べガリアを服用するのがもっとも効率的にペニスを増大させるコツなのです。

成長ホルモンの分泌量は年齢とともに減少していくので、べガリアを効率的に服用して補っていかなくてはなりません。
寝ている間にべガリアの成分がこのような重要な働きをするのなら、寝る前にもう1粒よけいに飲んだ方がいいのでは、と考える人がいるかもしれません。
そのほうが成長ホルモンの分泌を促進できるではないかという、まことしやかな意見も出てきそうです。

なるほど、確かにもう1粒よけいに服用すれば、それだけ効果がありそうですね。
ちょっと考えれば、そのように思えてしまいます。
しかし、この方法はおすすめできません。
なぜなら、メーカーの推奨摂取量が1日4粒と決まっているからです。

これは臨床実験を繰り返した結果、得られたデータなのです。
これより少なければ効果が薄くなるし、多ければ過剰分は尿と一緒に排出されるか体内に残って害をなすおそれがあります。
ですから、1日4粒という推奨摂取量は絶対に守って服用してください。

医薬品もサプリメントも、過剰に飲んでも効果が上がるわけではなく、無駄に排出されるか健康を損ねる原因となるだけです。
べガリアを過剰に飲めばペニス増大効果が増すどころか、体調を悪くするおそれがあります。
そうなったらペニス増大どころではないということを、肝に銘じておきましょう。

【寝る前に4粒一度に摂取する】

ひとつの方法として、こういう飲み方もあります。
べガリアは朝昼晩と就寝前に1粒ずつ飲むのが基本なのですが、この飲み方を続けても効果が見られないなら、寝る前に4粒全部飲む方法を試してみてください。
これは、成長ホルモンが分泌される時間に合わせて、べガリアの全成分を注ぎ込むやり方です。
人によってはこのほうが効果があることもあります。

【まとめ】

べガリアは朝昼晩の食後と寝る前の4回に分けて飲むのが基本です。
しかも、朝食昼食夕食後は2~3時間あけて飲むのがベストです。
ベガリアの主成分であるL-シトルリンとL-アルギニンは、摂取するとすぐに体内に吸収されます。

アルギニンは常に体内に存在することで効果を得られるので、一定時間ごとに1粒ずつ飲むほうが効果があります。
ただし、番外編として就寝前に4粒一度に飲む方法も紹介しました。

どちらの飲み方が合うかは人によって違うので、実際に試してみるといいでしょう。

投稿日: